「しきたり」にとらわれず結婚式をあげたい!

少人数の結婚式の魅力

結婚式となると仲人を立てたり結納を交わしたり、挙式や披露宴の相談や準備など時間も手間もかかるものです。昔であれば仲人が両家の間にたって取り仕切ったものですが、現在は新郎新婦が主体の結婚式が多くなり仲人を立てるという事も少なくなってきました。
そして、挙式のスタイルや披露宴も昔からのしきたりにこだわらず自由な形の結婚式をあげるカップルも増えてきました。結婚式に招待するのも家族や親族、親しい友人だけの少人数のスタイルの結婚式の人気が高まっています。
少人数であれば、新郎新婦が主体で自由な演出や、ゲストと距離が近く心のこもったおもてなしができるのが最大の魅力となっています。そして招待客が少ない分、招待状の発送や引き出物の準備など結婚式までの期間が比較的短くて済むこともメリットになっています。

少人数の結婚式の会場は?

挙式スタイルは教会で行う教会式や、神社で行う神前式、招待客などを立会人に行う人前式などがあります。少人数の結婚式は挙式のスタイルによっても変わってきます。
神社などでは宴会を行うことのできる会館を設けていたり、ホテルや結婚式場と提携しているところもあります。ホテルや結婚式場では少人数の結婚式の人気の高まりもあり、少人数のプランを用意するところも増えてきました。一軒家を貸切る形のゲストハウスであれば自宅のような感覚で招待客をおもてなしすることができます。
また、対応できるかどうかの確認が必要ですが、お気に入りのレストランで美味しい料理にこだわったり、許可がとれれば美術館や公園など様々な場所で二人の門出を祝うことが可能です。

挙げたいけど、金銭面や、気持ち的にも、結婚式を少人数でやりたい人向けです。両家だけでする家族婚など人様々で、自分達らしさ、自由らしさを大事にしています。